【瞑想の本】を人気ランキング・オススメ(マインドフルネスなど)のまとめ


スポンサーリンク

 

おすすめの瞑想本(アマゾンで買えます!)

マインドフルネス(CD付き)

◆1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

マインドフルネス瞑想を始めたいときの入門書となりバイブルともなる一冊です。

 

著者の吉田昌生氏は、瞑想の講師として活躍されており、数々の本を執筆しています。

 

それらの本の中でも特に分かりやすく内容が充実していると好評なのが、「~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門」です。

 

瞑想の説明は難しくなりがちですが、初心者であっても読み進めやすいよう簡単な解釈でも説明されています。

 

姿勢や呼吸などの瞑想においてとても重要なポイントがしっかりと説明されているのに加えて、様々なコツや効果なども具体的に解説されているので、要点を確認しながら瞑想を行うときにも重宝します。

 

また、瞑想に導入するときに利用できるCDが付いています。

 

CDのガイダンスに従って呼吸や気持ちを整えていくことにより、瞑想へと自然に入り込むことができるようになっています。

 

 

スポンサーリンク

 

ヨガ

◆Yogaではじめる瞑想入門

 

Yogaではじめる瞑想入門

 

単なるエクササイズとしてのヨガではなく、瞑想ヨガを行ってみたい方にオススメの一冊です。

 

カラーでイラストが掲載されているので、瞑想ヨガが初めての方にもチャクラやポージングなどのイメージがしやすいです。

 

この本ではまず、チャクラについて詳しく解説を行っています。

 

そして、各チャクラを念頭に置いた上でどのようなポージングを行い、どのようなイメージで瞑想を行うのがいいかについて説明がされています。

 

著者の綿本彰氏は、日本ヨーガ瞑想協会の会長を務め、綿本ヨーガスタジオを主宰する瞑想ヨガの実力者です。

 

付属CDには著者によるナレーションが収録されており、実際にヨガスタジオに参加しているかのような臨場感で、瞑想へと誘ってくれます。

 

 

仏教(スマナサーラ著)

◆瞑想経典編 (初期仏教経典解説シリーズII)

 

瞑想経典編 (初期仏教経典解説シリーズII)

 

仏教経典の中から瞑想について書かれている経典を5つ取り上げ、かみ砕いた言葉で解説しています。

 

仏教における視点から、瞑想についての知識を掘り下げていくことができる本です。

 

著者のスマナサーラ長老はスリランカ出身の僧侶であり、日本における仏教伝道や瞑想指導に深く寄与してきました。

 

難しく感じがちな仏教経典ですが、スマナサーラ長老の理路整然とした語りを通して頭にス~ッと入ってくるので理解しやすいです。

 

なぜ瞑想を行うのかについて深く考えさせてくれる本であるとともに、生き方の指針ともなる一冊です。

 

瞑想を根本から理解したい方には、テキストとして使える価値の高い本です。

 

 

スポンサーリンク

 

人気ランキング

1.「始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ」文庫本

 

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

 

瞑想を日常生活に気軽に取り入れたい方は、まずこの本を読んでみましょう。

 

手頃な値段でありながら、瞑想の効果ややり方について分かりやすく解説されている満足度の高い一冊です。

 

この本はページ数が少ないので携帯しやすく、表紙は可愛らしいです。

 

仕事の休憩時間や通勤時間などに、サクッと読み進めることができるでしょう。

 

それでいて、薄っぺらい内容ではなく瞑想の取り組み方について具体的に説明されているので、すぐに実践につなげることができます。

 

毎日のストレスやイライラを解消したいとき、たった15分だけの瞑想で心や体をほぐせることを実感させてくれる本です。

 

 

2.世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

マインドフルネスの入門書としての評価が高く、アメリカで精神科医を務めている著者が科学的な根拠をもとに瞑想を考察されています。

 

瞑想は単なるリラクゼーションのためのものなのではなく、脳科学的に実証された脳の休息方法なのだという理論について分かりやすく解説していきます。

 

2部構成となっており、第1部では瞑想のやり方についてシンプルにまとめられています。

 

第2部では、瞑想と脳科学を題材とした小説仕立てとなっています。

 

第2部はイェール大学を舞台にした物語となっており、主に対話形式で瞑想などについて説明を進めていきます。

 

脳科学の複雑な題材を扱っていながらも小説として楽しみながら理解できるので、それほど難しくは感じません。

 

 

 

3.マンガで実践! 世界のハイパフォーマーがやっている「最強の瞑想法」

 

マンガで実践! 世界のハイパフォーマーがやっている「最強の瞑想法」

 

瞑想の効果や方法について説明してくれるマンガです。

 

文章を読み続けるのが苦手な方や、ゆっくりと読書をする時間が取れない方にオススメです。

 

瞑想というものを難解なものではないかと敬遠してきた人や、瞑想のイメージが捉えにくく困っている方も、この本をぜひ試してみてください。

 

本書ではストーリーを追っているうちに、知らず知らずのうちに瞑想についての理解を深めていくことができます。

 

瞑想に関する情報がギュッと濃縮されており、すぐにでも実践できる内容になっています。

 

1分から瞑想を始めてみようという気軽さが心地良いです。

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です