瞑想を体験できる教室や合宿、資格などを紹介!東京・京都・大阪・名古屋など


スポンサーリンク

 

お寺・教室・ワークショップ

東京

◆瞑想スペースAOYAMA

南青山という立地の良さと、本格的な瞑想を学べることで人気がある瞑想教室です。

 

瞑想歴25年以上という熟練講師が、一人一人のレベルや要望に合わせて瞑想法を指導してくれます。

 

初心者は、最初に瞑想の伝授と実習を受けてから各瞑想会に参加できます。

 

和やかな雰囲気の瞑想会のほか講演会やワークショップなど様々なイベントもあるので、長いお付き合いができるでしょう。

 

→ 瞑想スペースAOYAMA

 

◆UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL まいあさ瞑想

代々木駅近くのヨガスタジオで開講されている瞑想講座です。

 

平日は毎朝7:00~8:30まで開講されており、予約はとくに必要ありません。

 

1回1,000円から参加でき1ヶ月通い放題で5,000円のパスポートもあるので、好きな日に好きなだけ瞑想することができます。

 

呼吸法やマントラについての説明もあるので、初めて瞑想を行う人でも安心です。

 

独りではなかなか継続できない人や、出勤前に瞑想で気持ちを整えたい方にもおススメです。

 

→ UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL まいあさ瞑想

 

 

京都

◆嵯峨嵐山瞑想堂 観月庵

観月庵は嵯峨嵐山にある瞑想教室で、JR京都駅前にあるメルパルク京都よみうり文化センターにおいても瞑想講座を開講しています。

 

高野山真言宗に伝わる密教瞑想を、じっくりと体験しながら学ぶことができます。

 

瞑想が始めての方にも分かりやすく、瞑想の姿勢や意義について大僧都自らが手ほどきしてくれます。

 

入門編を修めた人には習熟編も開講されているので、密教瞑想について深く習得することができます。

 

→ 嵯峨嵐山瞑想堂 観月庵

 

◆建仁寺(座禅)

京都最古の禅寺とされる建仁寺では、座禅での瞑想を体験することができます。

 

毎月第二日曜日の8時から開催される座禅会では、座禅のやり方などのレクチャーや法話を受けることができます。

 

禅の道場としても名高いお寺で、静寂な空気の中座禅を組むことで、いつもとはひと味違う瞑想を体験することができるでしょう。

 

初心者からすぐに参加でき、宗派も問いません。

 

→ 建仁寺(座禅)

 

大阪

◆ちいさな瞑想教室

大阪市の東成区民センターで開講されている”ちいさな瞑想教室”では、気軽にチベット瞑想を体験することができます。

 

「瞑想ってどうやるの?」という基本的な内容から、受講者ひとりひとりの質問に講師が回答してくれます。

 

参加費は1回2,000円で、電話での相談サポート付きです。

 

純粋に瞑想を楽しみたい方々が参加する、気軽でお得な瞑想教室です。

 

→ ちいさな瞑想教室

 

◆瞑想みのり

瞑想教室みのりでは、大阪市北区を中心に月に数回のペースで瞑想会を開講しています。

 

瞑想会では最初に瞑想に関する伝授を受けた後に、実際に瞑想を体験していきます。

 

講師から的確なアドバイスを受けることができる瞑想会として人気が高いです。また、アットホームな瞑想会なので、受講者同士が瞑想仲間として深い人間関係を築くこともあります。

 

瞑想会の受講料は7,560円と少々高めですが、充実した内容であり満足度が高いです。

 

→ 瞑想みのり

 

名古屋

◆瞑想サンガ名古屋

名古屋市中区にある瞑想サンガ名古屋は、多彩な瞑想講座を開講している瞑想教室です。

 

こちらでは、定期的に「ふらっと瞑想」というプログラムが行われ、月に数回夕方に1時間の瞑想タイムを設けています。

 

1回1,000円で気軽に参加できるので、仕事帰りにふらっと立ち寄って瞑想したいときに便利です。

 

初心者向けの無料説明会があるほか、経験者向けにグループ瞑想会や一日瞑想会なども行っています。

 

名古屋市内で瞑想を気軽に堪能できるスポットです。

 

→ 瞑想サンガ名古屋

 

◆ヒーリングスペースTatsu

『瞑想力』などの書籍の執筆もされている宮本辰彦氏が主宰する、名古屋市千種区にある瞑想教室です。

 

体験レッスンは90分1,000円で受けることができ、その後はチケット制または月謝制を選択できます。

 

午後から夜間までの時間枠で、レッスンの曜日や時間を自由に予約できるので通いやすいです。

 

教室は海をイメージしており、リラックスできる雰囲気の中で丁寧な指導を受けることができます。

 

→ ヒーリングスペースTatsu

 

神奈川(横浜)

◆瞑想スタジオSOWAKA

田園都市線青葉台駅のすぐ近くにある瞑想スタジオです。

 

お坊さんによる優しく丁寧なレッスンは、1回2,000円で体験することができます。

 

通常レッスンや夜活クラスのほか、プライベートレッスンも受けられます。

 

日常生活に活かす瞑想をベースに、シンプルで気楽なやり方での瞑想を伝授してくださります。

 

プライベートレッスンでは、水素を吸入しながら瞑想を行えるのがポイントです。

 

→ 瞑想スタジオSOWAKA

 

◆yoga hOMe横浜

yoga hOMe横浜では、月に1回、金曜日の夜にマインドフルネス瞑想会を開催しています。

 

初めての方も大歓迎で、仕事帰りに気軽に参加できるスタイルです。

 

ヨガ教室が開く瞑想中心の講座となっています。

 

講師であり教室主宰の堀桃代氏は、自らもマインドフルネス瞑想とヨガの力によって自己肯定できるようになった過去があり、親身になって丁寧な指導を行ってくれます。

 

→ yoga hOMe横浜

 

瞑想合宿

ヴィパッサナー瞑想合宿

ヴィパッサナー瞑想とは、インドにおける最も古い瞑想法のひとつです。

 

ヴィパッサナーは「物事をありのままに見る」という意味があります。

 

ヴィパッサナー瞑想では自分をありのままに観察することで、自分自身を発見して心のバランスを整えることを目指します。

 

日本ヴィパッサナー協会では10日間のヴィパッサナー瞑想合宿が開講されています。この10日間でヴィパッサナーの基本を身に付けることで、コース終了後も日常生活の中で瞑想を実践できるようにします。

 

合宿は、京都府船井郡京丹波町か千葉県長生郡睦沢町のいずれかの合宿センターで行われており、参加費用は一切かかりません。

 

→ ヴィパッサナー瞑想合宿

 

高野山瞑想合宿

高野山真言宗の僧侶が代表を務めるボランティア団体bodhi-treeでは、ヴィパッサナー瞑想を修行するための場として高野山瞑想合宿を受け付けています。

 

和歌山県にある高野山清涼院を道場とし、僧侶とともに瞑想の修行に励むことができます。

 

朝から夜まで瞑想に浸りきる時間となるので、ヴィパッサナー瞑想を深く極めたい人におススメです。

 

宿泊ができる施設で浴室や洗濯機も用意されており、キッチンで自炊して生活しながら瞑想の修行に励みます。

 

→ 高野山瞑想合宿

 

フルフィルメント瞑想合宿

フルフィルメント瞑想とは、「空」につながることでストレスを解放し、本来の自分を取り戻す瞑想法です。

 

東京都大崎にある瞑想教室”サロン・ホールハート”では、フルフィルメント瞑想合宿を年に数回開催しています。

 

コースは3泊4日と4泊5日の2種類があり、瞑想の伝授やフォローアップを受けながら一日中自由に瞑想を満喫することができます。

 

なお、瞑想合宿は、山梨県にある温泉宿泊施設で行われます。

 

天然温泉に浸かったり、地野菜を使った郷土料理を食べるなど、瞑想以外の目的も楽しみながら心身ともにリラックスすることができる合宿です。

 

→ フルフィルメント瞑想合宿

 


スポンサーリンク

 

資格で瞑想を極める

瞑想インストラクター

瞑想指導者養成講座は、80時間をかけて瞑想について習得することができる「瞑想のインストラクターを目指す人」に相応しい講座です。

 

日本では瞑想指導者に関する公的資格はありません。そのため、私的団体が開講する瞑想講座などで知識や技術を学び実践を積み、瞑想インストラクターと名乗る講師がほとんどです。

 

こちらの瞑想指導者養成講座では、瞑想に関する基本的な知識や哲学から、様々な瞑想法の実践方法、指導者としてのティーチング方法を学ぶことができます。

 

瞑想指導について網羅されたカリキュラムなので、養成講座を修了すれば自信をもって瞑想インストラクターとして活動することができます。

 

メイン講師である中島正明氏は、瞑想の指導者として3万人を指導してきており、多くの瞑想本を執筆されている方です。

 

講座は約4ヶ月間、東京都目黒区祐天寺にて開講され、受講料は248,400円です。

 

瞑想ファシリテーター

瞑想ファシリテーターとは、瞑想講座などを開講している”BODY MIND SPIRIT”という企業が認定する「瞑想の指導者になりたい人」向けの資格です。

 

瞑想ファシリテーターとして認定されるための講座は、3時間のカリキュラムで30,000円です。

 

瞑想の初心者に瞑想というものを伝授して広めていくための知識や、質問への対応方法、正しい瞑想への誘導方法などを習得します。

 

講師は、執筆した瞑想に関する書籍がベストセラーになり、メディアへの露出も多い渡邊愛子氏です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。